シオノギが提案する
感染症対策「多層防御」

Update: 2020.12.25 #感染症対策

「すべての人に、やさしく、 正しくセルフケアを」それが、 私たちシオノギヘルスケアの想いです。
新型コロナウイルスの流行が世界的に発生し、感染を防ぐために様々な工夫が世界中で行われています。しかし、残念ながらこれさえやればウイルスから身を守れるという方法は存在しません。幾層にもわたり、 様々な対策をすることでウイルスに感染するリスクを下げていくしかないのです。これが「多層防御」です。
長年、シオノギでは感染症や免疫に関する研究を行ってまいりました。その知見と実績を元に、ウイルスから身を守るための方法を紹介します。ぜひ、毎日の暮らしにご活用ください。

感染症対策には「多層防御」がおすすめです。
6つの盾で感染リスクから身を守りましょう

多層防御 SHIELD.1 |正しい情報

科学的根拠を確認し取得する情報元を選別

噂話などに惑わされず、科学的根拠があるか確認しましょう。また、取得する情報元が正確な情報を提供しているか、しっかり選別することが大切です。

多層防御 SHIELD.2 |強い体づくり

感染症に打ち勝つ免疫機能を整える

感染症に打ち勝つためには、体本来の力である免疫機能が大切です。生活習慣に気を配り、健康食品などの力を借りながら、強い体づくりを心掛けましょう。

多層防御 SHIELD.3 |環境衛生

病原体を入れない、増やさない環境づくり

3密を避けることが大切ですが、それ以外にも空間に病原体を持ち込まない、増やさない環境づくりも重要です。感染しない環境衛生にも気を配りましょう。

多層防御 SHIELD.4 |手洗い・うがい

体の中に病原体を入れない習慣を

病原体は手に付着し、目や口に触れることで体内に侵入します。また、口から入った病原体を洗い流したり、のどを乾燥から守るために、こまめなうがいを徹底しましょう。

多層防御 SHIELD.5 |咳エチケット

他人に感染を広げない。病原体を吸い込まない

マスクは、咳やくしゃみによる病原体の飛散を防ぎ、混み合った場所で病原体を吸い込まない対策になります。常時マスクがつけられるようにしておきましょう。

多層防御 SHIELD.6 |診断治療モデル

ワクチンでウイルスに打ち勝つ

インフルエンザなどの対策には、ワクチンの力を借りるのも対策の一つ。発症したときに悪化させないために、日頃から免疫力を高めておく、早めに薬を服用するなども重要な手段です。

多層防御を日頃からチェックし、
感染対策を行いましょう。

合わせて読みたい記事

感染症多層防御のススメ「うがい」
うがいは、手軽にできる感染対策として、効果が見直されています。しかし、正しいうがいの方法を知らないと効果が半減する可能性も。正しいうがいの方法を知って、感染症対策に役立てましょう。

>> この記事を読む


感染症多層防御のススメ「食事」
感染症から身を守るための「強い体づくり」には、食事から摂る栄養素が欠かせません。栄養素の基本的な知識と、バランスの良い食事の摂り方を紹介します。

>> この記事を読む


感染症多層防御のススメ「腸」
腸には、体の免疫細胞が70%以上集中して存在しています。腸の働きは食べたものを消化、吸収するだけではありません。病原体が体の中に侵入することを防ぐために、幾層にもわたった腸独自の多層防御システムが存在しています。

>> この記事を読む


感染症多層防御のススメ「免疫」
免疫機能とは、体に侵入したウイルスなどを監視し撃退する自己防衛システム。免疫機能が安定して働くことで、感染症にかかりにくい強い体を保つことができます。

>> この記事を読む